断捨離では捨てられない鉱物用ルーペ

 人生の終活にはまだ早いかなと思うと、身辺整理がなかなか進まない。それでも周りに溢れている物を、優先順位をみて処分、いわゆる「断捨離」には手をつけなけければという思いはある。とは言ってももなかなか捨てられない「思い出」の品。
 例えば、手元に、鉱物用ルーペが3っある。地質屋としては商売道具である。2つは神奈川光学製の10倍と20倍のルーペである。新入社員として入社した40年ほど前、会社の支給品であった色消しアクロマート。本体は金属性でしっかりしているものの、今は皮ケースが経年劣化してボロボロになり心もとない。それでも学生から大学院生時代、安価な色消し無しのルーペを使っていたのと比較してその性能の差に感激し、随分使い込んだ。
 暫くして、転職を繰り返した後、大学先輩の地質コンサルタント会社にお世話になったとき、カールツァイスのルーペを「これいいよ」と会社の社長である先輩から貰った。こちらは、レンズがガラス製であるのを除き、本体は安物そうなプラスティック製である。しかし、実際に使用してみてその見易さ(分解能)には驚いた。価格にして2万円近くの高級品である。

左側国産神奈川光学製、右はカールツァイス製

 年をとり、老眼鏡どころか、拡大ルーペのお世話になる機会が多くなった。これらのルーペも活躍できる舞台はそれなりに残っている。ただ、何種類ものルーペは必要がない。それでも、それぞれのルーペに思い入れがあり、どれを捨てようかという判断ができない。参っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

数字を入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.