電話による原油商品投資勧誘から思い起こすこと

 突然、自宅の固定電話にかかってきた。「○○様ですか、××様ですか、△△様とお呼びするのですか。」と聞いてくる。こちらの苗字を正確に言えない場合、要注意である。いろいろ読み方がある我が苗字。そのうち、正解に当たったので、「逆にこの電話番号どこで入手したの?」と聞いてみたら、「□□高校の◎◎年卒業生名簿を見て掛けています。」と、正直な答。普通は「どこで知った?」と聞くと、その時点で「ガチャン」。中年とおぼしき女性での電話口の対応が常識的であり、つい「ところで、ご用件は?」とつないでしまった。
 「石油投資取引のご案内です。」というので、昼食後ののんびりしたひとときで、時間もあったので、しばらく付き合ってしまった。
 「今後、産油国の生産調整、シェールガス生産の見込みを考えると、原油価格がこの後上昇すると思われるので、原油先物に投資しませんか。」というのが先方の目的。

 実は、このサイトの「若き日の旅日記」にも書いたように、かつて原油、天然ガスを探す技術者として働いていた。原油価格が大きく変動し身近な「ガソリン価格」に反映されるのは、現在一般の人でも、ガソリンスタンドの値段変動で良くわかる。小生は昔在勤した石油開発会社の同窓会に出席する機会があるが、その時の社長の挨拶は「現在、原油価格が##ドルであり、昨年度の決算はこうであったが、今後、こういう推移を見込む。」また、その会社から送られてくる年報には、原油価格と会社収益の推移がグラフ化かれている。最近、一時100ドル/バレルを超える水準まで急騰した原油価格が50ドル台と半減した。その分、原油価格連動で天然ガスを販売している会社は自動的に収入が半減する。さぞや決算内容は厳しいだろうと想像している。専門のエコノミストではないので、原油価格の見通しなどできないが、普段から自然と関心を持ってはいる。それでも投資までは元手も含めて到底手が届かない。

 思い起こせば、昭和48年第4次中東戦争を契機に最初のオイルショックが起こり、原油価格が3ドルから12ドルへと4倍になった。日本でもその影響で、トイレットペーパーの奪い合いに代表される混乱がニュースとなった。
 (私的には、このオイルショックがあった故、石油代替エネルギーを扱う石炭会社が息を吹き返し、求人が発生して、応募して採用され、新卒2年目にも拘わらず、その当時はみんなの憧れである海外。特に民度も高く、自然に恵まれ、観光地としても人気の高いカナダの石炭調査のフィールドを経験することができた。)

 しかし原油(オイル)価格はしばらく低迷し、銀行に転職して「プロジェクトファイナンス」で海外の油田への融資審査をしていた、日本のバブル時代も 1バーレル18ドルで動かなかった。

 その後、2004年から2008年にかけて、「第3次オイルショック」により原油価格が100ドル以上に高騰した。この理由は内需もあるが、いつものように投機思惑が大きいといわれている。

 最初に戻るが、そもそも小生は投資(投機)の気持ちは無い。最近、元フィギュアスケートの渡部絵美氏が「金投資」話にのって、老後のために貯めてきた虎の子を無くしてしまったという話がテレビで話題になった。小生の場合、多少土地勘のある「原油」を材料にした電話による投資勧誘は勘弁だな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

数字を入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.