獣医師

今まさに、大きな論議となっている「獣医学部新設」問題。
ここでは、決して政治的な意味からコメントする訳ではない。
かなり私的な話であるが、2年ほど前、獣医師である弟が病没した。
ペットショップに生まれ、獣医師を志した身近な獣医師を個人的に振り返りたい。
競走馬生産のメッカ、北海道日高で40年近く、牧場を巡回してまわる獣医師として働いた。
映画「優駿」で三木のり平が演じる獣医師の演技指導をし、ハイセイコーの主治医として、その死を看取ったことが地元の新聞に報じられたこともある。
また、獣医師をとりあげるコミックに紹介されたことがある。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

数字を入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.