上空を飛ぶ飛行機

 これまで、何度か書いてきたことだが、この地域では上空を頻繁に、国内外のジェット機が飛んでいる。静かに気をつけているとかすかに爆音が遠い上空に聞こえる。気候によって湿度が高いと所謂白い「飛行機雲」が長い軌跡を描いて、青空の中、飛行機の移動経路が分かる。
94f75cc2a4137247ed980f97d13649f3
 かつて、晴天の午前中、出張で羽田から釧路へ向かう飛行機上で、途中気がついたら、自宅の直上を飛行していることにとてもびっくりした。その頃、まだ、グーグルアースも提供されていない。自宅を直接自分の目で確かめる貴重な機会である。慌てて、両サイドの窓を覗きこんでみたが、自宅近くを通るJR・新幹線が飛行機の真下にあり、確認できない。そのうち飛行機は更に北上し、自宅上空を通過してしまった。残念でならなかった。
 確かに、大田原市に航路標識があったため、羽田と北海道・東北をつなぐ定期便が頻繁に飛んでいる。数年前、航空無線の受信機があると、上空の飛行機の便名、経路がわかるというので、専用の特殊アンテナと共に購入し、解析ソフトを導入しパソコンのディスプレイにつないであたかも航空管制官になったつもりで悦にいっていた。

3cc9da8be95123b6dc4105eeeb6f0cf8

ba3fea3d57e1ca93c835b5e55f5edbfe

さて、先日 スマホを買い換えることになり、ついでに、アプリを物色していたら、「フライトレーダー」というものがある。無料版でも。リアルタイムで地図上に飛んでいる航空機の位置情報が表示される。400円の有料版だと、操縦席からの航空写真画像がこれもリアルタイムの動画で見ることができるという。早速、ダウンロードしたのが下の画像。
Screenshot_20160924-142734上空の飛行状況
Screenshot_20160916-194344
隣町、大田原上空を飛行する航空機の操縦席から航空写真のシュミレーション

あまりにも、手軽に飛行機の位置情報と、上空から見える画像が確認できるのであっけない。最近は、航空無線で機上の操縦士と地上管制官とのやり取りを聞きながら、臨場感を楽しんでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

数字を入力してください *