隼人のルポ

薩摩隼人が地域の話題を紹介します

03月

野岩鉄道、会津鉄道、磐越西線、東北本線で雪の車窓を堪能しながら日帰りの旅

隼人は、栃木県北が20℃と、暖かく快晴に恵まれた3月27日、念願であったバスと電車のみでの「野岩鉄道、会津鉄道、磐越西線」による、日帰りの旅を仲間数人と実行に移しました。出発地点は西那須野駅です。

 まずは、JRバスで塩原温泉バスターミナルに向かいます。所要時間は45分です。隼人は7:45発に乗り込んで出発進行。バスは1時間に1本しかありませんから、後のことを考えて早めの出発です。塩原温泉バスターミナルから野岩鉄道、上三依駅へは市営のUバスですから、9:03発までバスターミナルで約30分待たなくてはなりません。でもこのUバスは、8:40発で塩原温泉内をぐるっと一周してから一旦バスターミナルへ戻り、あらためて9:03に三依に向けて出発します。そこで隼人達は、良いチャンスとばかりにバスターミナルで待つのではなく、8:40発に乗り込み、Uバスの中から塩原温泉の一周の様を見学、「医師会塩原温泉病院」等は、お客さんの為に病院の中まで入ってくれる様子や、「夕の原」と言うバスがUターンする場所の位置を知ったりと、なかなかの勉強になりました。ちなみに、バスターミナルから上三依迄の料金も、塩原温泉を一周してから上三依へ行くのも料金は1回200円で同じでーす。

 さて、御存じ尾頭峠を越えるあたりから、早くも残雪が残る景色となります。そして、トンネルを抜けると益々残雪の量が多くなります。西那須野に住んでいる隼人は、「へー、こんなに雪が残ってるんだ―!!」とか「うわー、綺麗だねー」等と感嘆の声を上げ始めます。

 さて、上三依駅。ご存じのように東武日光線経由野岩鉄道で塩原温泉へと来るお客さんにとっては、塩原温泉口となります。塩原温泉のまちめぐり案内人でもある隼人は、上三依駅待合室に、塩原温泉行きのお客さんへの暖かいもてなしの掲示や案内を見て嬉しくなります。駅員さんは優しい女性一人、すべてこの女性によるおもてなしです。隼人達にもとても親切に色々と教えてくれるかわいい人でしたよ―!!

 9:27に上三依に到着したものの、ここでも鬼怒川方向から来る電車は、一番早くて10:11しかありません。各駅停車のこの電車は、野岩鉄道終点の会津高原尾瀬口でもそのまま会津鉄道へと乗り入れ、会津田島まで行きます。会津田島で約30分次に来る快速電車を待つことにしました。では、早速上三依から田島までの車窓の何枚かをご覧ください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

DSCN1749DSCN1752DSCN1754DSCN1758DSCN1763DSCN1764DSCN1772

DSCN1774DSCN1773


これらの写真は、上三依の駅とJRバス、待合室とホームに入る電車の様子から、田島に到着するまでの車窓3枚、最後は田島駅とその売店です。さすがに田島駅の売店は大きく、また商品も地元産品がかなり豊富にそろえられて居ました。さて、30分ほどしてやって来た快速に載って、いよいよ会津若松へと向かいます。途中、御存じの「塔のへつり」や、「湯野上温泉」「芦の牧温泉」等の車窓を楽しみながら、約1時間心行くまでその雪景色と電車から見る 渓谷美を楽しみます。田島を11:04に出発した快速は、むしろゆっくりと感じるくらいに会津の春を見せびらかしながら走り、12:02に到着です。

DSCN1776DSCN1780DSCN1782DSCN1786DSCN1787DSCN1793DSCN1800DSCN1801DSCN1789


さて、会津若松です。丁度お昼時です。車窓を堪能した私達のお腹はぺこぺこです。今日の目的には鶴ヶ城も、飯盛山もありません。ここで美味しいものを食べて、一路磐越西線で郡山へと向かいます。私達が飛び込んだのは、会津迎賓館。ここは割烹料理店ですがこの時間はランチメニューがあり、こわっぱ定食、笹黄金定食(メインデイッシュはニシン笹ずし)等が1000円以下で食べられます。いやー、そのおいしかったこと。

DSCN1803DSCN1802


さて、あんまり長くなるので、帰りの磐越西線の車窓の一層の綺麗な雪景色、そして郡山から勿論普通電車で西那須野までの旅程は省略しますが、驚いたことは、郡山から西那須野駅までの東北本線は、郡山で満席しかも立っているお客さんも大勢です。那須塩原駅まで、全く人が減らないのです。約1時間、郡山で腰かけられたのはラッキーでしたが、那須塩原駅からは宇都宮線。たったひと駅でしたが、立ち席で帰りました。そう言えば黒田原方向からの那須岳はいつもと見る方向が違って、また美しい威容を見せて居ました。かくして、一周の西那須野到着は17:00。いやいや、感動と満足の一日でした。暖かい日が続き、もうすぐ雪の車窓が無くなるかも!?

DSCN1806

Top