隼人のルポ

薩摩隼人が地域の話題を紹介します

07月

夏到来!お子様連れには、上塩原も穴場!!

今日は、上塩原のみやじま釣堀園を皆さんにご紹介しますね。                    上塩原で400号のバイパスが旧道と合流します。信号の少し手前(中塩原寄り)旧道の左手に、「みやじま釣堀園」「名物 甚五焼」の看板が立ち、いかにも車が入りやすい駐車場と、いかにも清潔な食事処の建物が目に入ります(すぐにわかります)。隼人は、「名物甚五焼」と言うものを、まちめぐり案内人としては食べた事が無かったので、お昼には少し早かったのですが、少し上流の「華の湯」(温泉センター)と塩原海洋センターの帰りに、寄らせてもらいました。入ってみると、とてもきれいなレストランと調理場のある食堂の前が、釣堀です。マスが元気よく泳いでいるのが見えます。何より綺麗なのは、箒川の上流から引かれていると言う、豊富な水、とうとうと大きな二つの池に流れ込んで居て、思わず暑さを忘れて、見とれてしまいます。甚五焼2本をオーダーした後、写真を写したりしながら、ご主人にお話しをうかがいました。 何と、お店はもう40年以上の歴史を持つんですって!!でも写真にも映っているように、バイパスが出来た時に、バイパスの反対側と、いまのお店側に分断されてしまったんだとか!?その時に今のようにリニューアルされたもののようですね。 いつもは、釣堀で釣れたマスを使って、メニューにあるような食事を提供されているのだそうで、子供さん連れのお客さんが多いようです。夏休みなどは、上流には温泉センターや、プールはすぐそばだし、ここでマス釣りしたり、食事したり、ちょっと下流は、子供さんの川遊びには最高の河川公園!!うーん、これは穴場だなーとひとしきりご主人と雑談することでした。ご多分にもれず、まだまだ、福島の風評被害を大きく受け続けている、子供さん対象の施設ですが、そろそろ塩原温泉は安心して来て頂いても良いのでは!!!!まさに、穴場ですぞ!!!甚五焼の歴史額鱒の炭火塩焼きと食事のメニュー名物甚五焼 上塩原みやじま釣堀園(2) 上塩原みやじま釣堀園(1)

塩原温泉、上塩原のほたる情報でーす。

隼人が当番で居た、塩原温泉まちめぐり案内所(塩原バスターミナル)に届けていただいた「ほたるの里づくり、 塩原・ひかる会」(会長 鈴木さゆみさん)から寄せられた、蛍情報を皆さんにもお知らせしますね。自分で見届けてから、なんとか写真付きで、、、なんて思ったりしましたが、ご存じの通りほたるの寿命は10日程。間に合わないといけませんので、お知らせのみ!!また、届けられたほたる情報は6月29日のものですので、10日とみても、今週の土、日ぐらいまで!?                                                                  *上塩原「ウトウ沢公園」で塩原ほたるが飛翔。                           場所は、上塩原入り口付近の「野菜直売所 かみのはら」の裏手。車を降りて、歩いて橋を渡った対岸だ そうです。橋の上からも、癒しの光をみる事が出来るそうですよー。 *ふじやさん付近の「イサキ川」のほたるも飛翔中。                         イサキ川は、平家ぼたるも混じって、源平合戦が楽しめますって書かれています。           上には源氏、川縁には平家が楽しめますとも、、、、 [飛翔条件]は                                                時刻: 8時から9時(日没から約1時間)                            無雨、無風の暖かな夜がベスト、だそうです。  
Top