隼人のルポ

薩摩隼人が地域の話題を紹介します

塩原妙雲寺のぼたん、いよいよラストチャンス!!

塩原妙雲寺のぼたん、いよいよラストチャンス!!

塩原温泉のまちめぐりの案内も、いよいよベストシーズンになって来ました。ともママさんの投稿に圧倒されて?隼人のルポが久しぶりになってしまいましたね。さて、塩原は妙雲寺のぼたん、もうご覧になりましたか?約3000本と言われている、色とりどりのぼたんに、いまだ美しく咲き誇るツツジのコラボが、最高です。でも隼人の投稿が遅れた分、いよいよ特に今週の前半がラストチャンスかな。以下の写真には、本堂、常楽滝、そして昭和天皇の御詠歌碑の様子も入れておきますね。そう言えば、妙雲寺の歴史は皆さん御存じですね?源平合戦も、頼朝の旗上げの翌年には、清盛が没し、一の谷の合戦で敗れた平氏の落ち武者平貞能は清盛の長男、重盛の妹又は姥と言われている妙雲禅尼を伴い、重盛の持仏、釈迦如来像を携えて宇都宮朝綱そして塩原八郎家忠を頼りたどりつたのが妙雲寺の開基なのです。それは鎌倉幕府の1192年の8年前の事でした。後の歴史を語ると、ぼたんを見るタイミングを失ないそうなので、それだけにしますね。さあ、出かけましょう、ラストチャンス。

DSC_0691(今や涼しげ、常楽滝)DSC_0708(妙雲寺本堂)

DSC_0707(昭和天皇、御詠歌碑)

DSC_0700(色とりどりの、牡丹群)

DSC_0693(常楽滝のほとりには、クリンソウ)

DSC_0695(真っ赤なぼたんも良い)DSC_0705(純白鮮やかな大ボタン)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top