沿革

上塩原小学校 塩原小学校
1874 修道学舎として開校 1873 塩谷郡大貫村第5番開進舎分校と称する
1885 上塩原学校を下塩原学校に合併   妙雲寺を仮校舎として開校
1889 下塩原尋常小学校と校名変更し、 分校となる 1897 校舎落成、旧塩原小の場所へ移転
1892 塩原村立塩原尋常小学校分校となる 1892 塩原村立塩原尋常小学校となる
1900 分校より塩原村立上塩原尋常小学校として 独立、翌年校舎建築 1921 高等科を併設し、塩原尋常高等小学校 となる
1941 国民学校令により塩谷郡上塩原国民学校 となる 1941 国民学校令により塩谷郡塩原国民学校 となる
1947 学校教育法施行により塩谷郡塩原町立 塩原小学校分校となる、同時に新湯 分校開校 1947 学校教育法施行により塩谷郡塩原町立 塩原小学校となる・新湯分校開校
1952 新校舎新築落成 1951 校歌制定
1953 塩原町立上塩原小学校として独立 1953 上塩原分校独立
1967 校歌制定    
1973 創立100周年祭挙行 1972 創立100周年記念式典挙行
1975 屋内運動場竣工    
1976 那須教育事務所に管轄変更 1976 屋内運動場竣工、 那須教育事務所に管轄変更
1982 郡界変更で那須郡塩原町立上塩原小学校 となる 1982 郡界変更で那須郡塩原町立塩原小学校 となる
1995 文部科学省指定道徳教育推進校発表 1987 校舎大規模改修竣工、多目的教室等新設
2001 山村留学受け入れ開始 1993 120周年記念事業として記念講演実施
2005 3市町合併により那須塩原市立 上塩原小学校となる 2005 3市町合併により那須塩原市立塩原小学校 となる
2005 上塩原小学校と統合し、新制塩原小学校として開校 新校歌・校章を制定
 
塩原中学校
1947 学制改革により、塩原小学校の一部を仮校舎として塩原町立塩原中学校として開校
1949 現在地に校舎建築(木造2階建・8教室)
1957 体育館兼講堂完成
1962 学校環境緑化コンクール全国特選受賞
1965 給食室落成
1973 旧校舎落成(鉄筋コンクリート3階校舎)
1977 栃木県教育委員会より模範学校の表彰受賞
1980 現体育館落成
1982 郡界変更で那須郡塩原町立塩原中学校となる
1983 特別教室棟落成
1993 校舎大規模改造工事(~1994)
1999 浴室棟・給食調理室完成
2001 栃木県中学校体育連盟総合優勝校表彰受賞技術室完成
2005 3市町合併により那須塩原市立塩原中学校となる
 
塩原小中学校として
2012 市教育委員会より小中一貫教育研究指定を受ける(2年間) 研究推進体制の発足 文部科学省国立教育政策研究所名誉顧問渡邉寛治先生をオブザーバーに迎える
2013 塩原中学校敷地内に新管理教室棟を新築 特別教室棟・給食室・体育館改修
2014 栃木県内初の校舎一体型小中一貫校として開校 通称を塩原小中学校とする 新校章制定 運動着を変更 開校記念式を挙行