栃木県北の地域情報ブログポータル

ちょっと足を伸ばせば、手軽に楽しめる「花の見所」がこの地域にもありますよね。新聞、テレビなどで取り上げられて、シーズンには、周辺の道路が渋滞し駐車場も何時間待ちというより、期待していなかったけど、行ってみたら結構良かったね、と思っていただけるような場所をご紹介したいと思います。

羽黒山のロウバイ・1月中旬~3月中旬

羽黒山のロウバイ・1月中旬~3月中旬

COMMENT

見頃は1月中旬から2月中旬という観光情報をもとに、時期的に少し遅いかなと思いながら、足を伸ばした。(2015年2月23日)
60本ほど植えて大きくなったロウバイ。山頂近くの羽黒山神社駐車場のすぐ上で見ることができる。
ロウバイ01
ロウバイ02
メディアで報じられるように、芳しい香りが周囲に漂ってはいないので、近くに寄って花弁に鼻を近づけ香りを楽しんだ。
まだ、しばらくは、楽しめると思う。情報によっては3月中旬までOKなようだ。
  さて、比較的早朝だったにも関わらず、カメラマンが駐車場付近に沢山いる。ロウバイ目当てかと思いきや、帰り道参道横に200万円以上もする望遠レンズをつけたシニアの人たちが、なにやら連写するシャッター音がする。レンズの先の茂みには野鳥の姿が。なんとも平和な光景である。
カメラマン

(羽黒山神社の道案内はこちらから)

大田原ザゼンソウ・2月初旬~3月中旬

COMMENT

2月1日から一般公開が始まった大田原市北金丸のザセン草。地元新聞の記事では開花がまだ30株程度というので、先ほど見に行ってきた。
 確かに、見渡しても、あちこちにポツリポツリ。しかも「苞」と呼ばれるいわば「衣」の色がまわりに散らばる枯葉の色と変わらない。見つけにくいことこの上もない。しかも見つけても、いわば「背中」を向けている。今度新調されたばかりの木道から、湿地に降りて撮影する訳にはいかないので、花の姿を見ることができない。

[gallery columns="4" ids="13875,13878,13877,13876"]


まだ、朝のうちだったので、人気がない。駐車場から畑のあぜ道に敷かれた歩道マットを歩く。下の霜柱を踏むためサクサクと音がする。


大きな地図で見る

那珂川町カタクリ山公園・四季を通じて

COMMENT

春のカタクリの花から冬まで四季を通じて野草が楽しめる。開花時期は下のパンフレットをご覧下さい。

木道

カタクリ1

かたくり2

カタクリ公園水芭蕉

旧小川町の自然豊かな雑木林3haの中、100万株に及ぶ関東最大規模を 誇るカタクリの群生
春先にはザゼンソウやショウジョウバカマ、ミズバショウなどの山野草を楽しめる。

クリックすると拡大 ↓

カタクリ公園表
カタクリ公園裏


 


大きな地図で見る

那珂川町の福寿草・2月下旬~3月上旬

COMMENT

今が見頃との情報を得て、旧馬頭町の山あいの農家を訪ねた。
10年以上も手塩をかけて育て、シーズンには無料で公開しているとのこと、手前には駐車場も設置されている。

[gallery columns="2" ids="14075,14073,14076,14074,14078,14077,14072,14071"]


大きな地図で見る

蓮・那須町黒田原

蓮・那須町黒田原

COMMENT

那須連山を背景に休耕田に咲く紅い蓮。
黒田原蓮蓮説明


大きな地図で見る

喜連川のポピー畑5月下旬

喜連川のポピー畑5月下旬

COMMENT

さくら市(喜連川)早乙女 の荒川沿いのポピー。300万本。

[gallery type="slideshow" ids="15327,15328,15329"]

矢板長峰公園のツツジ4月下旬~5月上旬

COMMENT

ツツジの名所。桜の時期も楽しめる。

長峰公園つつじ2015


大きな地図で見る

沼ッ原湿原・春~秋

COMMENT

那須湯本、板室温泉を結ぶ 那須中腹の旧有料道路から、約7km入ったところ。深山ダムと高低差500mの揚水発電所上ダム脇に小さな湿原
がひろがる。
situgen
hanakoyomi
沼ッ原湿原というと初夏のニッコウキスゲの群生が有名だが、春から秋にかけて、様々な高地の湿生植物が咲く。parking那須山麓道路から約7kmほどを曲がりくねった道路を入ることになる。一部未舗装で、観光客の少ない平日などは車もほとんど無く、心細い思いをするが、終点の駐車場(標高1310m)はきれいなトイレも完備している。ここから、整備された道を1kmほど歩くと湿原に到着する。(詳細な案内図へ)

那須八幡園地のツツジ・5月中旬~下旬

COMMENT

例年、5月25日の頃が満開という、那須岳中腹 八幡(やわた)のつつじ。公設の駐車場あり。展望台、木道が整備されている。しかし、見頃の頃は周辺道路が渋滞する。 yawatatutuji
大きな地図で見る

明治の森(旧青木別邸)の菜の花・4月初旬~下旬

COMMENT

2015年4月18日現在8分咲き。おそらく今月下旬までは楽しめそう。
明治の森菜の花01
明治の森菜の花02


大きな地図で見る
(那須塩原市動画チャンネルへ)

上三依水生植物園・春~秋

COMMENT

日光市上三依水生植物園の敷地には、早春のミズバショウの開花に始まり、サクラソウ、クリンソウ、ニッコウキスゲ、スイレン、ベニコウホネ、シュウメイギク等が咲き、また、幻の花と言われ愛好家を虜にしてやまない「ヒマラヤの青いケシ」や「高山植物の女王コマクサ」等々、約300種、3万本の植物が季節を彩り咲き競います。
カレンダー
(公式WEBサイトへ)


大きな地図で見る

南会津・駒止湿原・春~秋

COMMENT

入梅後の晴れ間をねらって、駒止湿原に行ってみた。
東北道西那須野塩原インターから塩原温泉、尾頭トンネルを抜けて、会津田島経由で約70km。車で1時間半ほどの距離である。

駒止湿原説明

駐車場から、整備された歩き易く、ほとんど高低差のない山道を5分ほどで、大谷地へ。

湿原

既に散り終えたであろうと期待していなかった水芭蕉がまだ残っていた。

水芭蕉

会津田島からの道路は広く、途中からつづら折の林道に入るが、車でのアクセスは容易。駐車場も上下2段で30台位は駐車可能か。

入り口

案内書によると、夏場には四季折々のいろいろな花が楽しめるという。いわく「小さな尾瀬」をうたっている。
(2013.6.5撮影)

四季
大きな地図で見る

Top