栃木県北の地域情報ブログポータル

那須塩原市の烏ヶ森公園といえば桜の名所の一つである、古くは大正時代に、上野駅から花見見物の特別列車が運転されたというエピソードも残っている。戦後は、中のグラウンドで自転車競走。現在のような最新鋭のレーサータイプの自転車でなく、ハンドルに電気ランプのついた実用車での素人競争だったが、多くの声援で盛り上がった記憶がある。
 本日訪れたら、桜、つつじの群生する西斜面でなく、裏側の東斜面に河津桜が8分咲き位か。ソメイヨシノに比べてピンクが濃くて鮮やかである。また下の本場の解説によると、花の寿命は1ヶ月ほどと長いようであるので、ソメイヨシノの花見の折に、裏に回っても楽しめるのでなかろうか。尚、説明標によると平成16年4月15日の植樹である。まだ12年ほどであるので、若木、樹勢も小さいことはお含み下さい。
kawadu01
kawadu02

 

(本場伊豆河津桜の説明サイトへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top